山麓絵画館


発刊物掲載作品のコーナー


このコーナーは、発刊物に掲載された私の作品をまとめて展示しています。
お立ち寄りいただきありがとうございます!


「よ〜そろ」巻頭画
「いきいき水彩画」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「よ〜そろ」巻頭画2003〜2005

「よ〜そろ」は、NMN(ニューミレニアムネットワーク)が発行している季刊紙です。
このトップページに毎号掲載されている巻頭画と小文をまとめて展示しました。











「浦賀水道」 2003創刊号

浦賀水道に船影の絶えることはない。晴れた日には房総半島の山並みが手の 届くほどの距離に見える。その半島の尽きるところから太平洋が広がっている。 一日600隻の運航があるというこの水道には、150年前のペリー来航に端を発し、 以来海を渡って多くの物資と船員たちの志が往来してきた。真夏の眩しい水道を 眺めていると、潮の流れの中にそんな歴史が今なおゆっくりと刻まれつつある実 感をふと覚える。









「カラマツ林」 2004冬号

「・・・からまつはさびしかりけり たびゆくはさびしかり
けり」白秋の詩にあるカラマツは、周囲の木々よりも
遅く黄葉し、初冬の森に彩りをとどめる。カラマツが寂
しいというのは、針葉樹なのに落葉しやがて枯れ枝を
晒すからだろうか。しかし、その黄金色は森が長い冬
の眠りを前にして放つ鮮やかな光彩であり、一冬越せ
ば柔らかな芽吹きは一斉に春を告げる宴のようでも
ある。実に多彩な表情を持つカラマツ林である。

サイズ: 250X260o
2003年9月 山梨県甲斐大泉村



       個人蔵








新緑のブナ林」 2004春号  

ブナ原生林を抱く月山では、雪解けを待ちかねた新芽が一斉にほころび始める と、やがて新緑は淡い緑の雲をたなびかせるように山腹を駆け上がっていく。湖 畔に立つと、斑模様の残雪と水面を伝う風が、冷たく頬を過ぎっていった。

 サイズ: 260X280o
 2004年5月 山形県西川町(月山)












「高原の空」 2004夏号

天地が爽快に広がる野辺山の夏。最高1375mと日本
一高い標高を走る小海線の線路からちょっと足を運
ぶと、幾重にも続く野菜畑の向こうに、八ヶ岳の山塊
がその全貌を現す。大陸的な香りさえ漂う高原の大
気・・ぼんやりと佇んでいるうちに、陽は既に高く昇っ
て空が忙しく動き始めた。

サイズ: 340x253o
2003年7月 長野県南牧村(野辺山高原)





個人蔵






「海流の秋」 2004秋号 

紅葉は山腹をつたって下りてくるものだが、冷たい流れに近いせいか、渓流沿い の彩りは存外早くやってくる。人気のない上流へと遡ると、瀬音と一面の紅葉を 独り占めにできたりして気分がいい。毎年、こんな秋との出会いが待ち遠しい。

 サイズ: 340x253o
 2003年9月 福島県只見町










「越後の冬景色」 2005冬号

雪国で巡り会った穏やかな朝、薄日が白濁した世界に少しず
つ陰影を刻んでいく。流れの細った魚野川と、その蛇行する先
に広がる白銀の山々・・ゆったりとした雪国の造形がその全貌
を現す頃、遠くから国道を走るクルマの音が雪面をつたって聞
こえてきた。














「サクラたなびく」 2005春号

サクラは華やかに開花して雑木林の春を宣言する。その淡い
ピンクのたなびく様は、周囲の木々のまだ浅い芽吹きを一段と
促がすかのようでもある。サクラ前線から満開、そして時を経
ずして桜雨から桜吹雪・・・古来、サクラに心を寄せてきた日本
人なら、その儚い刹那に接してほろ酔い気分に浸る誘惑を抑
えがたい。





                            個人蔵
    

「ブナの木洩れ日」 2005年夏号

真夏のブナの森は、滴るような緑に覆われ、木洩れ日の踊る
空間が心地よい。互いに制空権を主張するように、枝を精一杯
伸ばしたブナ。その若い成木は、幹も枝もスラッと伸びて屈託
がない。只見の森で、お気に入りの一本を描いてみた。









「山辺の秋」 2005年秋号

陽が傾きはじめると、ススキの穂が一段と白さを増していきま
す。何処まで続いているのやら、山辺の道は秋の深みに吸い
込まれていくようで、狐でも横切りそうな気配です。豪雪地帯の
山懐は、冬の到来を前に、精一杯陽の光を謳歌しているようで
した。








「よ〜そろ」の発刊以来2年強、本紙の助走期間にわたって、私が巻頭画のコーナーを
受け持ってきましたが、2006年冬号以降、次なる作家にバトンタッチすることになりました。
長年ご覧いただいた皆さまに、心より感謝申し上げますとともに、
次号以降の巻頭画も、よろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。




↑ ページトップへ



トップページ
山麓絵画館
おわら風の盆
別館ギャラリー(旧仕分けによる展示)
ノート〜
文章のページ
風景画
山麓スケッチ館
スケッチ館
発刊物掲載画



















戻る
戻る