山麓絵画館

水彩の道具などQ&A



水彩画の技術的なこと「私の場合」

 個展の会場では、水彩画を描いている皆さまからたくさんのご質問を受けます。
 会場では十分に対応できないことが多いので、比較的に多かったご質問に関し、「私の場合」について、
 以下のようにご説明させていただきます。参考にして下さい。

○使っている紙は?
  ・完成画はカット紙を水張りして使用するかブロック紙各種(15〜20枚を四方糊固めしてあるので水張りは必要ない)を使うことが多
く、描く対象や表現の仕方によって使い分けています。。
  ・カット紙はArches かFabriano Extra Whiteを使用。ともに荒目の300g のもの
  ・ブロック紙は下記の通り
    Fabriano〜Artistico Extra White 35.5X51cm 荒目 300g
    Fabriano〜Watercolour Studio 35.5X51cm 荒目 300g
    Arches 36X51cm 荒目 300g
    Sounders Water Ford Natural(またはWhite) 300g
    Sennelier F8、F6 荒目 300g(この紙はお気に入りでしたが生産が中止、私の在庫も残り僅かです)
  ・スケッチブックは主としてCanson社のものを使用
     Fine Face Canson 
     Montval Canson 
        (写真は左から上記の順・・・但しSounders Water Fordは映っていません)
  


  ・・・紙についての質問が非常に多かったので、個展の時の作品カードには使用した紙についても記入しています。

○使っている絵の具は?
  ・全て透明水彩絵の具 ・・・ Winsor&Newton の Artists' Water Colour
 
○使っている筆は?
 ・ホルベインの350Rシリーズ(Para Resable)が中心。
  合成繊維の筆で、人工毛というジャンル?(ナイロンとは違うようです)
  腰のねばり強さや筆先のまとまり具合など、私には合っていますので殆どこの筆を使用しています。
  丸筆だと8,10,12号中心、平筆は14.16号あたりが主に使うサイズです。

○デッサンは鉛筆?
  ・大半の場合は、HB、B、2Bの鉛筆(Staedtlerのルモグラフ)を使用。
 ・最近はこのメーカーの2o芯を使った ホルダー付きのものが便利なので、これが中心となっています。
 ・スケッチでは主として2Bの芯を使用。アトリエでの描き起こしはHBを使うことが多いです。
 ・その他、コンテ鉛筆、フェルトペンなど、時おり 雰囲気を変えて使用することもあります。

○白い部分の表現は?
  白い部分は、全て紙の地の色(塗り残し)で、白の絵の具は一切使用しません。
  必要に応じ、マスキング液を使用しますが、細かな水面の波形や木の枝など最小限に留めています。





その他、何なりとご質問下さい。
メール(お問い合わせ)



館内移動はこちらから↓


トップページ
山麓絵画館
おわら風の盆
別館ギャラリー(旧仕分けによる展示)
ノート〜
文章のページ
風景画
山麓スケッチ館
スケッチ館
発刊物掲載画




















トップへ
トップへ
戻る
戻る