山麓絵画館



2018年 初夏〜




「夏草の賦」

Arches rough F10相当
2018年7月 北杜市長坂町小荒間

夏草の賑わいを描いた2作目。猛暑にもめげない野草たちへの好感が、こうしたモチーフ
への関心を高めている。休耕田の一角では草花が西日を受けて夏を謳歌しているようであった。











「夏草と富士」

White Watson F10相当
2018年7月 北杜市長坂町小荒間


真夏の太陽の下、森はモノトーン化して静まりかえっているように見えるが、野は宴の
最中のような賑わいを見せている。草たちが太陽をたっぷり浴びて旺盛な生命力を
輝かせるからだ。そんな夏草の賑わいを描こうと、背後の富士山と組み合わせてみた。










<初夏、水をテーマにした3作です>



「飛沫と新緑」
〜 吐竜の滝 〜

Saunders Water Ford White F8相当
2018年5月 北杜市大泉町

吐竜の滝は八ヶ岳の伏流水が創り出す川俣渓谷のページェントである。崖の途中
から流れ落ちる幾筋もの水流は、周囲の緑とともに一帯を清涼感で満たす。







「緑滴る」
〜 御射鹿池にてスケッチ 〜

Saunders Water Ford Natural F8相当
2018年6月 長野県茅野市 奥蓼科

久しぶりに訪れた御射鹿池ではその変わりように驚かされた。道路も駐車場も整備され、
観光バスから繰り出されるツアー客が道沿いの柵越しに写真を撮っては引き揚げていく。
大勢の目に晒されながらの走り描きとなったが、緑滴る静寂さだけは捉えられたと思う。








「湖畔の散歩」
〜 まるやち湖でスケッチ 〜

Saunders Water Ford Natural F8当
2018年6月 長野県 原村 

原村は自然文化園の一角にあるまるやち湖は、散歩人たちの他には人影も少なく
落ち着いてスケッチができる。対岸を散歩するカップル、小さすぎて見えないかも。








←前の作品へ
  山麓絵画館入り口へ↑
次の作品へ →






トップへ
トップへ
戻る
戻る