山麓絵画館



2018年 秋の作品




「秋だまり」
(個人蔵)

Fabriano Extra White F8相当
2017年11月 北杜市小淵沢町の我が家

我が家の庭の片隅にはススキの株がひとかたまり群がって生えている所があり、
秋も深まって陽が中点を回ると逆光を透かした印象的な光景をつくってくれる。
この絵は昨年の今頃、そんな一角にまるで秋が溜まっていたようないっときである。













「秋そよぐ」

Saunders Water Ford Natural F8相当
2018年10月 北杜市高根町箕輪

10月の初め、稲刈りの済んだ田や終わっていない田のパッチワークが田畑を
彩る頃、吹き渡る風はススキの穂を揺らし、日に日に秋を色濃くしていく。よく
スケッチする箕輪のスポットでは、まさに思い描いたそんな光景に巡り会えた










「道端のコスモス」

Fabriano Extra White F8相当
2018年9月 北杜市小淵沢町下笹尾

稲田が刈り入れを控え、いっときの静けさを保つちょうど今頃にコスモスは満開
となる。開花した花と蕾を沢山身にまとったその様は、描くのがなかなか骨だ。
花々の密集に分け入るような心持ちで、空間処理に意を注ぎつつこの絵を描いた。










「里山の秋」

Fabriano Extra White F10相当
(2017年1月 制作) 長野県川上村

信州峠を越えて川上村に下ると、道の両側に畑地が広がる。その際から立ち上がるカラマツと
広葉樹の森は、黄と所々朱色そ織り交ぜて、さながら”里山の秋”を歌い上げているようだ。
この一作は、昨年の冬に仕上げたものだが、その後当HPへの掲載機会を逸していた。












「コスモスの小径」

Saunders Water Ford Natural F10相当
2018年8月 北杜市高根町小池

酷暑も峠を越え、雲の表情も秋めいてくるこの頃、あちこちでコスモスの花が咲き出している。
この絵は、昨年得たモチーフを描き起こしたもの。当HP上でも2017年秋の処に載せた
スケッチと同じ場所である。山麓にこのように咲き乱れるのは、あと一月ほど先であろうか。










←前の作品へ
  山麓絵画館入り口へ↑
次の作品へ→









トップへ
トップへ
戻る
戻る